関節のカクカクを解説:体に悪影響はあるのか?

mm
By: Mirko Betz
Born and raised in Wuerzburg, Germany, Mirko Betz's journey into creativity and self-exploration began early. With a passion for music, he spent over ten years as a DJ, igniting crowds with his ...
Edited date: January 9, 2024Estimated reading time: 1 minutes

特定のアーサナで楽をすると、骨が割れるような音や関節のクリック感がよく出ます。

https://www.youtube.com/watch?v=G1RYeuhVtUg
ブレット・ラーキンがYOGI TIMESのために制作した「What is」シリーズビデオ

関節が割れる:それは何ですか、それはいつ起こるのですか?

関節が割れる、ポキポキ鳴る、カチカチ鳴る、うるさい、ポキポキ鳴る。聞き覚えはありませんか?私たちの多くは、特定のアーサナをするとき、あるいは単に日中移動するときに、関節がそのような音を立てています。つまり、私たちは人生のある時点で、この音に慣らされているのです。



肩のカチカチ音、膝のシビレ音、足首のカクカク音など、関節の硬さの程度はさまざまですが、私たちは皆、ある時点で経験したことがあります。生まれたばかりの赤ちゃんでもない限り、筋肉や関節のこわばりは、加齢とともに避けられないものです。

朝のヨガの練習中に、硬くなった関節にひびが入ることは珍しくありません。

これは、一晩で溜まった間質液(組織の隙間に溜まる液体)と眠っていた筋肉のエネルギーがまだ感じられる時です。

ヨガ中の関節のポキポキ

肘、膝、椎骨、指、つま先など、すべての関節が不意に「ポキッ」「ポキッ」「バキッ」と鳴ることがありますが、もちろん、非常に穏やかで意図的な方法でアーサナを行っている場合はこの限りではありません。

それでも、仙骨を開くようなスクワット(マラサナなど)をするときに、膝がカクカクと音を立ててしまうヨギーもいます。

しかし、中には意図的にこのような不思議な音を出すヨギーもいます。

例えば、タダーサナで立ち、両手を仙骨に当てながら少し後屈すると、深く曲げたときに背骨に沿って1本の亀裂や一連の亀裂を簡単に作ることができます。

これは、カイロプラクティックで行われる脊椎の調整に似ています。これは、カイロプラクティックの脊椎調整に似ています。

もちろん、このようなアジャストは誰にでもお勧めできるものではありません。

関節の健康のために特別に作られたヨガクラスもあります。

例えば、この15分間のクラスは、楽しくて心地よい回転運動で、どんな練習のウォームアップにも最適です。また、このジェントル・ジョイント・リリースのクラスは、身体と関節を楽に、心地よく目覚めさせるのに役立ちます。

なぜ関節が割れるのか?

膝の耳障りな音や、骨が割れるような音が、私たちの身体から発せられる原因は何なのでしょうか?

まあ、それについては、科学的な議論もありました。

しかし、最新の有力な説は、関節の周囲にガスの小さな気泡がたまることがあり、その気泡ができることで関節が弾けるというものです(従来考えられていた気泡の破裂そのものではなく)。

この関節が割れる映像のリアルタイムMRIでは、魔法のような現象が起きていることがわかります。


:関節が割れる前の安静時の手

:関節が割れた後の同じ手。気泡の発生に伴い、関節間に暗い空洞があることに注目。

Source:パブリメッド

本当の原因が何であれ、私たちは自分の肉体の神々しさを思い知らされるようです。

このような音が体内から発生するたびに、私たちの人体解剖学は魅力的です。

骨が割れるのは体に悪い?

結局のところ、関節を弾くことは良いことなのか悪いことなのか。

この現象は、少なくとも「西洋医学」の意味では完全に解明されていないのだから、いつまでもバキバキ鳴らし続けていいということなのだろうか。

つまり、関節を割ることは体に悪いことなのでしょうか?

結局のところ、昔からあるナックルクラッキングやトウクラッキングなど、自分にとって気持ちのいい操作を習慣的に行う人がいるのだろう。

さて、医学的な研究では、骨が弾けることによる長期的な悪影響はまだ発見されていません。

関節を鳴らすと関節炎になるかもしれないという一般的な考え方は、まったく事実でないことが証明されています。

心配する必要があるのは、痛みや腫れ、機能の低下が見られる場合だけです。

また、関節が弾けたり割れたりしたときに、引っかかったりロックされたりする場合は要注意です。

これらの兆候は、より深刻な根本的な問題があることを意味し、直ちに医師の診察が必要です。

結論

全体として、心配することはあまりありません。常識的に考えて、何かおかしいと感じたら、医師の診察を受けるべきでしょう。

そして、エッジを効かせることを恐れず、たとえ弾いたり、割ったり、クリックしたり、折ったりする必要があったとしても、それを恐れてはいけません。結局のところ、あなたは関節を脱臼したりはしていないのですから…?

*注:関節のサプリメントをお探しの場合は、Source Naturals Hyaluronic Joint Complexのような自然なオプションをお探しください。